> 事業資金のつなぎ融資について

全企業の99.7%を【占める中小企業・個人事業主のためのビジネスローンについて

事業資金のつなぎ融資について

事業資金のつなぎ融資について説明していきます。

つなぎ融資とは?

住宅ローンなどで聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?
住宅を購入するのに銀行から融資をうけると思うのですが、
基本的に住宅ローンは建物が完成しないと利用できません。
つなぎ融資はそんな時に利用します。
簡単に言うと建物が完成して融資を実行してもうらうまでの期間に
つなぎの資金として融資を受けるという感じです。

建物が完成して融資が実行されれば、
融資された資金でつなぎ融資を返済するという流れになります。

事業者ローンの場合は?

個人事業主・中小企業の経営者などの方、自己資金などが底をついてきたり、
手をつけずに残しておきたいなどで資金に困ったとき
銀行などの金融機関からの融資に頼る事になるかと思います。

貸してくれる方等いれば別の話ですが。。。

銀行で事業融資を受ける場合、当たり前の話しなのですが、厳しく審査されます。
返済できそうに無い会社に融資はできませんし、そのため審査に時間がかかってしまいます。

そんな時につなぎ融資を利用します。
手持ちの資金が無いわけなので大ピンチです。
すぐに資金が必要な場合が多いので銀行からの融資までの間、
つなぎの資金としてビジネスローンなどを利用する事になるかと思います。

ビジネスローン(事業資金 融資)とは?でも説明しましたが、
ビジネスローンには銀行系とノンバンク系とがあります。
金利が少し高くなってしまいますが、ノンバンク系のビジネスローンを
つなぎとして利用するほうが確実かと思います。(あくまで時間がなくスピード重視の場合)

こういう状態にならないように準備をしておく事は必要かと思いますが、
ビジネスの世界なので、何があるかわかりません。
本当に事業継続の危機になる可能性だってあるわけなので、
ビジネスローンを有効に利用するのも一つの経営手腕ではないでしょうか!

銀行系の方が金利が安いのは確かですが、
ノンバンクがなかったら事業継続できない人がいるのも事実だと思います。