> キャッシングを事業資金にすることができる

全企業の99.7%を【占める中小企業・個人事業主のためのビジネスローンについて

キャッシングを事業資金にすることができる

 

キャッシングを事業資金にすることができます。
理由は明快で、そもそもキャッシングの目的は何であってもかまわないからです。
キャッシングが他の融資のサービスと最も異なることは、
これが少額の融資になっていることです。

そもそも、キャッシングという少額融資のサービスを考えられた背景は、
大手の金融機関である銀行が個人の消費者に対して
まともな少額融資をやってこなかったことが原因なのです。

キャッシングを提供している消費者金融はこうした銀行から
お金を貸してもらえない人に対してお金を貸すサービスを提供していますので、
基本的にお金を貸すことができれば目的など何であっても良いのです。

事実、法律上も主婦やパートであってもお金を借りることが出来るようになっていますし、
中には学生専門のキャッシング会社も存在します。
目的は買い物や学費に使うことであっても良く、そこに大きな制限は絶対にありません。

そして当然ですが、事業資金としてでなく個人のお金として利用するのもアリです。
事業主ではなく個人は別のローンを?のページでも触れていますが、
個人経営者や事業主は、時と場合によって資金繰りに悩まされることもあります。

もちろん、本来であれば事業と個人の出費は切り離すことが理想ですが、
始めたばかりの時期や、業績が厳しい時などには、柔軟な選択を迫られる時だってあります。
またそういった対応ができなければ 、
会社としても個人としても行き詰ってしまうことだってあるのです。

消費者金融には事業者用のビジネスローンもある

また、消費者金融は事業資金としてビジネスローンという別のローンも用意しています。
これも銀行などの大手の会社からお金を借りることができなかった
中小企業や個人事業主を相手にサービスを提供していますので、
やはり事業資金を前提にキャッシングのサービスが存在しているわけです。

こうした少額融資というのは法律的にいくつもの手厚い保護がされており、
絶対にお金を借りる消費者が不利を受けるような事態にはならないようになっています。
だからこそ、キャッシングは多くの人から支持を集めているのです。