> キャッシングを利用して会社設立しました

全企業の99.7%を【占める中小企業・個人事業主のためのビジネスローンについて

キャッシングを利用して会社設立しました

個人事業を行っていましたが、今回会社設立を行う事にしました。
会社設立を行おうとした理由と言うのは、税金が安くなることや、
今まで経費として認められなかったものを経費として計上が出来るからです。

また、新会社法が施行されたこともあり、最低資本金額や取締役の人数制限、
そして類似商号の規制緩和などからも、会社を作る事に魅力を感じるからなのです。

個人事業の場合は、信頼性にかけますが、これが株式会社になる事で
社会的な信頼を得る事も可能になりますので、個人事業主の人が会社を作るケースは多くあります。
自分も個人事業を卒業し、会社の社長として頑張ろうと考えたのです。

と言っても、会社を作るためにはお金が必要です。
個人事業主では銀行からお金を融資して貰うのも、中々出来るものでは有りません。
そこで、会社を作るにあたり、定款の手数料や印鑑の製作費用、
登録免許税と言った開業資金としてキャッシングを利用する事にしたのです。

使途の制限には注意

一般的に、キャッシングの利用使途と言うものは、自由になっています。
開業資金が事業性を伴う可能性があることからも、
キャッシングを利用する場合は注意が必要です。

しかし、キャッシング商品の中には、ビジネスでも利用可能な
キャッシング商品がありますので安心です。

キャッシングと言っても、開業資金に必要な額だけを利用しますので、高額費用は必要ありません。
また、キャッシングは収入に応じて利用極度額を多くする事も出来るというメリットが有ります。
申し込みを行うと、直ぐに審査が行われ、キャッシングの利用が可能になりました。

短時間での設立の助けに

このお金を使い、定款、登記と言った部分にお金を使い、
印鑑は自分のお金を使い作成をし、会社を作る事が出来たのです。
キャッシングを利用して良かったことは、審査までの時間が短いことや、
忙しい自分でも簡単に利用する事が出来たことです。

現在の仕事は多忙ですので、キャッシングの手続きなどで時間を要しませんでしたので、
短期間で会社設立が出来た事は良かったと言えます。