> ビジネスローンの金利について

全企業の99.7%を【占める中小企業・個人事業主のためのビジネスローンについて

ビジネスローンの金利について

 

ビジネスローンは事業資金を調達するためのものです。
事業資金としては、例えば銀行から融資を受けるという形で
確保するというのが基本的な方法となるのですが、
利便性を考えればビジネスローンを利用したほうが良い場合も多いでしょう。

ただ、金利が高いことがネックとなる事もあります。
では、具体的にはどれくらいの水準なのでしょうか。

ビジネスローンの上限金利

まず、上限を把握しておく必要があります。ビジネスローンも融資の一種ですから、
法律によって上限は定められています。
利息制限法によって上限が定められていますから、それを超えた利息を支払う必要はありません。
具体的には、10万円までは年20%、100万円までは年18%、
100万円以上は年15%となっています。
これが上限になる事をまず把握しておくべきでしょう。

高くてもこの水準になりますから、利払いの計画を立てるときには
これを基準にして考えるのも良い方法だと考えられます。

銀行と銀行以外

ビジネスローンのサービスを提供している金融機関は、大きく分けて2種類があります。
一つが銀行で一つが貸金業者です。貸金業者とは、消費者金融や信販会社などですが、
分かりやすく言えば銀行以外と言えば良いでしょう。銀行とそれ以外とでは傾向が異なっています。

ビジネスローンの金利について言えば、銀行のほうが低い傾向がありますから、
利息負担を抑えたいという経営者さんにとっては銀行を選んだほうが良いでしょう。
ただし、審査もありますから経営状態などによっても決まる金利の水準は異なります。
あまりにも経営が安定していないと、申し込みをしても審査落ちになる事もあります。

金利を押さえるためには信用力があることをアピールすれば良いのですが、
もっとも良い方法は取引実績を作ることです。
それを考えれば、すでに取引のある銀行がビジネスローンを提供しているのなら、
その銀行に申し込みをした方が良いと考えられます。
取引が長ければ長いほど信用力を高く評価してくれるという傾向があります。