> 銀行の短期融資について

全企業の99.7%を【占める中小企業・個人事業主のためのビジネスローンについて

銀行の短期融資について

 

銀行の融資には短期融資と長期融資の二種類が存在しています。
この境目となるのは1年を超えるか超えないかであり、
超えない場合の融資のことを短期融資と呼びます。

これは資金使途には関係がありませんのでどのような融資であっても
1年以内に返済するものであれば短期融資と呼ばれることになります。
つまり、つなぎ融資についても短期融資の一種であると考えられます。

企業向けの銀行融資

この銀行からの短期融資については対企業での融資によく使われます。
個人向けの融資にも出来ないわけではありませんが、
個人で一年以内に返済を予定しているのであればフリーローンやカードローンなど
様々な手段がありますのであまり銀行窓口で相談と言うことは発生しません。
そういう意味では短期融資は企業向けの言葉であるということも出来るかもしれません。

長期融資よりも手続きが簡単

貸し付けの方法は短期融資では基本的に手形貸し付けと言う方法を取ります。
これは1年以上の長期にわたって貸し付ける場合の証書貸し付けとは異なるものです。
短期のものは頻度が多いため手続きを簡便にする必要がありますが、
長期融資の場合はより本格的な手続きを取る必要があるのです。

証書貸し付けになると会社の署名や捺印のほかに保証人の署名や捺印、
登記簿謄本の提出や印鑑証明の提出なども求められます。
これらの入手にはそれなりのお金を手間がかかりますので
面倒に感じることもあるかと考えられます。

このような手続きに比べると、短期の場合に用いる借用手形を出すだけ
というシンプルなスタイルが魅力的に感じます。